絵本育児|よもぎを摘んでばばばあちゃんのよもぎだんごを作ってみた話

ばばばあちゃんのよもぎだんご 季節を楽しむ子育て 絵本育児 

プチポワ

こんにちは、プチポワです!
森のようちえんに通う2歳の息子と一緒に、絵本や自然の中での実体験をとおして季節の移り変わりを楽しんでいます。

春になり、川の土手でよもぎを見つけたので、息子の大好きなばばばあちゃんシリーズの『よもぎだんご』を再現しながら、よもぎだんご作りをしました。

ばばばあちゃんシリーズは、季節の楽しみを教えてくれる絵本

ばばばあちゃんシリーズは、季節の楽しみを教えてくれる絵本です。

寒い冬の間、森のようちえんでは毎週のように焚き火でさつまいもを楽しんでいた息子。

『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』がお気に入りで、何度も何度も読みました。


春になって焚き火の季節も終わり、次のお気に入りは、同じばばばあちゃんシリーズの『よもぎだんご』に。


『よもぎだんご』は、春の野原でよもぎ、つくし、のびる、なずな、せりなどをどっさり摘んで、ばばばあちゃんと子どもたちが春の料理を楽しむお話。

もの知りなばばばあちゃんが、子どもたちに昔ながらの季節を楽しむ知恵を易しい言葉で解説してくれます。

野草の見分け方、野草を食べるための下処理方法などなど。

比較的都会の環境で育ったわたし自身は、子どもの頃に「食べるため」の野草摘みをしたことがないので、ばばばあちゃんの絵本で初めて知ったこともたくさん。

この絵本の中で、ばばばあちゃんも子どもたちも大喜びなのが、春のとっておきのごちそう、よもぎだんご作りです。

散歩中によもぎを発見

息子と川の土手を散歩していたときに、何かを一生懸命摘んでいる夫婦を見つけました。

近くに行ってみると、なんとよもぎ!

その夫婦は、天ぷらにすると言っていましたが、春になってばばばあちゃんの『よもぎだんご』を新しく家にお迎えしたばかりだったわたしと息子の頭の中は、よもぎだんごのことでいっぱい。

まだ小さな葉なので、頑張って摘んでもそれほどの量にはなりません。

それでも1時間ほど頑張って、息子と夫と3人でポリ袋の半分くらいの量を収穫しました。

プチポワ

よもぎは若葉のほうが食感もよくて美味しいそうなので、小さくても頑張って摘んだよ!

ばばばあちゃん風のよもぎだんごを作るために、帰り道に白玉粉、上新粉、餡子を調達して家に帰りました。

いざ、よもぎだんご作り

よもぎだんごを作る前に、ばばばあちゃんの絵本をもう一度息子と読みました。

プチポワ:「今から、よもぎだんご作るんだよ!一緒にやってみたい人!?」
息子:「はーい!」

などと話しながら、まずはよもぎの処理を開始。

▼よく洗います。

よもぎだけ摘んだつもりだったのに、洗ってみると土やほかの植物の枯れた茎などが入っていました。

▼塩水で3分茹でます。

茹でるとよもぎのよい香りが漂ってきました。

▼冷水にさらしたあとに、水気をよく切ってからまな板で細かく刻みます。

よもぎは繊維が強くて切るのが難しいです。

ばばばあちゃんは、絵本の中で簡単に切っていそうなのに・・!

▼すり鉢でペースト状になるまですりつぶします。

ここでは息子が大活躍!

大さじ3杯ほどの水を足しながらペースト状にしました。

▼白玉粉100gと上新粉100gに水250ccを入れてよく混ぜ、ペースト状になったよもぎを投入します。

この段階では、薄い緑色ですが、蒸すとちゃんとよもぎだんごの深緑色になるので大丈夫。

▼耐熱皿に入れて軽くラップをかけ、電子レンジにかけます。(600wで3分半、一度取り出してこんな感じで混ぜてから更に2分半)

※絵本では蒸し器で蒸しますが、わが家には蒸し器がないので電子レンジを使った方法で作りました。

▼大きいこね台にどーんと出して、あとは自由に丸めたり、きな粉や餡子でトッピングするなど楽しみました。

息子は美味しい、美味しいと大喜び!

白玉粉と上新粉を使って作ったおだんごは2歳児でも柔らかく食べやすそうでした。

▼ばばばあちゃんの絵本を真似して「へびだんご」にも挑戦。

プチポワ

よもぎを摘むのは時間がかかったけれど、美味しすぎて食べるのは一瞬だったよ!

まとめ

摘んだよもぎで作るよもぎだんご、息子はとっても気に入ったようで、よもぎだんご作りをした夜は、

息子:「またよもぎだんごやりたいねえ」
プチポワ:「じゃあ、またよもぎ摘みに行こうねえ」

など話しながら、息子は眠りにつきました。

摘むのも楽しい、料理するのも楽しい、おだんごを作るのもねんど遊びみたいで楽しい、食べて美味しい、いいことだらけのよもぎだんご作り。

季節の自然遊びのヒントがたくさんつまったばばばあちゃんシリーズ、とってもおすすめです。



プチポワ

息子が寝たあとに、一人でゆっくり食べた粒あんたっぷりのよもぎだんごも最高だったよ!

関連記事:はるがきた|ロイス・レンスキーの四季絵本で子どもと季節を感じる

関連記事:福音館の月刊絵本『かがくのとも』を読んで春探しの散歩に出かけました