二児の母の私が生活クラブを選ぶわけ|食育やエコを学ぶきっかけ作りにも◎

生活クラブを選ぶわけ 食育やエコ 食の安全 食品添加物 農薬 高い

プチポワ

こんにちは!食の安全にはちょっとうるさいプチポワです!
生活クラブは、パルシステムやCOOPの宅配と同じように、週に1回前の週に注文した食材や日用品が自宅に届くシステムの生協です。

生活クラブと聞くと、「パルやCOOPのちょっとこだわった版だよね?」と思う方が多いと思いますが、生活クラブは食品添加物や農薬、産地などに厳しい基準を設けていて安全なものだけを提供する生協なのでそのイメージは正解だと思います。

私が生活クラブを知ったのは、第一子の妊娠中。ひどいつわりの中、料理をすることや外出することが難しくなってしまっていた時期がありました。

家で手軽にごはんを食べたいと思ったときに冷凍食品などの加工品に頼らざるを得なかったのですが、スーパーなどで売っている市販の冷凍食品は裏の原材料表示を見ると食品添加物がどっさり入っているものが多く、妊娠中に食べ続けるのが不安でした。

中には、安心して食べられるものもあるかもしれませんが、それを探す労力や買いに行く元気もなかったのです。

「安心して加工食品を食べたい!」と思いその方法を探して見つけたのが生活クラブでした。

「冷凍食品でさえ安心して食べられるのは便利!」というのが生活クラブを利用した最初の感想。

つわりが終わり、料理ができるようになってからは加工食品を注文する頻度は減りましたが、今でも生活クラブを続けています。

この記事では、私が生活クラブを選び続けている理由を紹介します。

プチポワ

自称、生活クラブのヘビーユーザー!
わが家の食卓は「生活クラブ」+「週に一度の週末の買出し」で成り立っているよ!


生活クラブを選ぶ理由1|安心・安全な品質

「安心・安全な品質」が私が生活クラブを始めたきっかけであり継続している一番の理由です。

日本では、814品目もの食品添加物を使って良いことになっていますが、これは諸外国と比べてもかなり多く、実は日本の加工品は食品添加物の規制に引っかかるため海外に輸出ができないというケースも多いほど日本は添加物大国なのです。

それに対し、生活クラブでは「疑わしいもの・不要なものは使わない」ことを徹底しており、85品目の食品添加物のみOKということになっています。

また、野菜などの農作物も産地は基本的には国内のみ。

そして、農薬や化学肥料をできるだけ使わない栽培方法をとっています。

厳しい基準を決めていて、それをクリアしたものだけしかパンフレットに載っていないので、食品表示を細かく見たり、農薬のことを心配して野菜をよく洗うなどのストレスから解放されました。

生活クラブを選ぶ理由2|単純に味が美味しい

生活クラブの消費財は、野菜、果物、肉、乳製品、調味料など、なんでも素材そのものがとても美味しいです。

特に、美味しいのはこの牛乳!

パスチャライズド処理といって、通常の牛乳よりも低温で殺菌をしているため、牛乳本来の美味しさがキープされています。ほんのりとした甘みがくせになる牛乳です。

調味料も、化学調味料などを使わずに手間ひまかけて作っているため優しい味わいです。

わが家は、パックだし、醤油、みりん風調味料、トマトケチャップ、マヨネーズ、味噌などは常にストックしています。

プチポワ

トマトケチャップは、子どもにも大好評。息子は、ケチャップをかけたオムレツ、オムライスなど大好きです!
生活クラブのおすすめの調味料6選|自分で作る料理が美味しくなった!
生活クラブ おすすめ調味料 食品添加物なし 化学調味料なし 国産生活クラブのおすすめの調味料6選|自分で作る料理が美味しくなった!

生活クラブを選ぶ理由3|重いものも玄関先まで配達してもらえる

わが家には、0歳と3歳の男の子がいます。

二人を買い物に連れていくときは一人を抱っこ、もう一人は自分で歩いてもらうのですが、まだまだあっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・とコントロールが難しく、重い荷物を持って買い物をするのはひと苦労・・というか無理!

なので、米、ビールなど重たいものや、箱ティッシュやトイレットペーパーなど重たいもの・かさばるものを玄関先まで運んでもらえるのは本当に助かっています。

(※地域によっては個別配送対象外で、班を作ってまとめて配送というシステムをとっている場合もあります。)
安心食材お届け生活クラブ

生活クラブを選ぶ理由4|牛乳ビンや卵パックのリユース習慣で子どもがエコを学ぶきっかけになる

生活クラブは、自然資源を大切にする取り組みをしているので牛乳ビンやケチャップなどの調味料のビン、卵パックを回収して再利用する仕組みになっています。

そのため牛乳がなくなると、毎回牛乳瓶を洗うのですが、先日私がビンを洗っている姿を見て息子が「リサイクルに出すんだね〜!」と言い出し驚いたことがありました。

リユースやリサイクルのことを積極的に教えたことはまだなかったのですが、子どもは親の行動を見て学んでくれているのだなと実感しました。

生活クラブを選ぶ理由5|季節の手仕事を始めるヒントが満載

生活クラブの毎週のパンフレットには、季節に応じた果物や野菜などの食材が載っており、旬の食材を使った保存食などのレシピも紹介されています。

例えば、初夏は梅を使った梅酒や梅シロップ、冬になるとゆずを使ったジャム作りや、大豆と麹で作る味噌作りなどです。

生活クラブを始めるまでは、季節の保存食作りなど一切やったことはありませんでしたが、パンフレットを見ているとやってみようという気持ちになることもしばしば。

今年は、一年の中で味噌を作るのに最も適した日と言われている一月の大寒の日に子ども一緒に味噌作りを楽しみました。

「茹でた大豆と塩と麹を混ぜると味噌ができて、味噌を使って味噌汁を作るんだよ〜!」と説明しながら息子に大豆をつぶす作業や混ぜ合わせる作業をしてもらいました。

プチポワ

食育のきっかけにもなるのでおすすめ!

ちょっと高くても生活クラブを続けていくよ

生活クラブは、パルシステムやCOOPの宅配などほかの生協と比べて値段は確かに割高です。

例えば、、

卵10個パック・・・税込268円
パスチャライズド牛乳900ml・・・税込267円

それでも続けるのは、パンフレットに載っているものであれば安心して食べることができるから。

特に、子どもには安全なものを食べてほしいし、化学調味料などを使わずにまずは素材の味を知ってほしいと思っています。

スーパーに買い物に行って化学調味料や余計な食品添加物を避けて買い物をするのはかなり難しいですし時間もかかります。

産地にしても、「国産のみかんの缶詰がほしい」と思っても中国産ばかりでなかなか国産品が手に入らないこともありますよね。(これでスーパーを数件はしごしたことがあります・・泣)

生活クラブは、安全なものを簡単に手に入れることができるので「食の安全にはこだわりたいけれど、商品選びにそこまで手間はかけていられない!」という人にはおすすめです。

安全で美味しいものを日常的に食べられるのが私にとって生活クラブを利用する大きなメリット。

スーパーやほかの生協だと、子育てをしながらここまで食の安全にこだわれていなかったと思います。

プチポワ

色々とズボラな私ですが、子どもが食べる食材を安心なもので揃えられているのは生活クラブのおかげだよ。

そんな理由で、ちょっと高くてもこれからも生活クラブを続けていこうと思っています。

▼生活クラブの資料請求はこちら。人気の食材がプレゼントでもらえたり、お得なお試しセットが購入できます。
40万人が選ぶ安心食材の宅配生協・生活クラブ