生活クラブのおすすめの調味料6選|自分で作る料理が美味しくなった!

生活クラブ おすすめ調味料 食品添加物なし 化学調味料なし 国産

プチポワ

こんにちは、美味しい料理には良い調味料が不可欠!と信じて疑わないプチポワです。
自称、生活クラブのヘビーユーザーな私ですが、その中でも常に在庫をストックしておきたいというほど愛用しているのが調味料です。

具体的には、パックだし、醤油、みりん風調味料、トマトケチャップ、マヨネーズ、味噌の6つ。

生活クラブの消費財の例にもれず、どれも安全な原材料を使って、化学調味料に頼らずシンプルに作られています。

今日は、私が絶対にストックを切らしたくないというほど愛用している生活クラブの調味料のおすすめポイントを紹介していきます。

プチポワ

生活クラブの調味料を使い始めてから自分で作る料理がとっても美味しく感じるようになったよ!


生活クラブのおすすめ調味料1|パックだし

【生産者】みえぎょれん販売株式会社
【価格】8g×15袋・・・539円(税込)

煮干し(長崎県製造)、鰹節(伊勢志摩製造)、こんぶ(国産)、しいたけ(国産)のブレンドだし。
味噌汁に使う場合、600mlの水に1パック入れて4分ほど煮出します。

生活クラブのパックだしは、ここ半年ほぼ毎日使っています。

毎日使い続けての感想は、「簡単に出汁が取れて便利!美味しい上に、飽きない!」です。

「ほんだし」のような化学調味料ではないし、味が濃くて毎日使うと飽きてしまうということもないので日常使いには持ってこいだと思っています。

生活クラブのパックだしでとっただし汁は、味が濃すぎるわけではないけれど、しっかり出汁の旨味を感じることができるので、少量の味噌をとくだけでもお味噌汁が美味しくなり減塩にも◎。

離乳食の開始当初は生活クラブの昆布や鰹節を使って出汁をとっていましたが、パックの手軽さを知ってからは赤ちゃん用の出汁もこちらで済ませていました。

最近はまっているのは、パック出汁の袋をやぶいて中身を使う料理。にんじんしりしりなどにこれを混ぜ合わせると最高に美味しくなりますよ。

生活クラブのおすすめ調味料2|丸大豆醤油

【生産者】タイヘイ株式会社
【価格】900ml・・・431円(税込)

 

醤油の原材料の大豆には大きく分類して丸大豆と脱脂加工大豆があります。

丸大豆は畑で収穫されたままの大豆、脱脂加工大豆は大豆から油脂を抽出したもの。

脱脂加工大豆は油脂の抽出過程でベンジンを主成分とする溶剤を利用するので安全性が疑問視されています。

残念ながら、生産効率が良いので市販の醤油の8割は脱脂加工大豆を使ったもの。丸大豆醤油だったとしても、遺伝子組換え大豆の問題もあり安心とは言い切れません。

生活クラブの丸大豆醤油は、国産丸大豆3割と遺伝子組み換えでない輸入丸大豆7割を原材料としています。

江戸時代から使用している大きな木桶で1年間熟成させて作っているので、微生物効果で旨味も出るそう。

生活クラブの丸大豆醤油を使うと、とにかく煮物が美味しく仕上がります。

外食で刺身を食べるときなどに、ほかの醤油を使って食べたりすると、この味が本当に恋しくなります。

生活クラブでは100%国産の大豆を使った「国産丸大豆醤油」も取り扱いがありますが、500mlで381円(税込)と2倍近いお値段に。

煮物料理が多いわが家では、醤油は普段から結構な量を消費するので、コスパも考慮してあえてこちらの丸大豆醤油を使っています。

輸入大豆が含まれていても生活クラブの厳しい基準をクリアしたもので遺伝子組み換えの心配がないので安心して使えると思っています。

生活クラブのおすすめ調味料3|みりん風醸造調味料

【生産者】相生ユニビオ株式会社
【価格】500ml・・・348円(税込)

 

スーパーでよく見かけるみりん風調味料は、水あめに化学調味料を加えて作られたものでアルコール分をほとんど含んでいないものがほとんどですが、生活クラブのみりん風醸造調味料は、本みりんと純米酒をブレンドした調味料でアルコール分も11.5%含んでいます。

テリ・ツヤ・旨味を引き出してくれる優れもの。

主原料の液状ブドウ糖は、遺伝子組換えの心配があるとうもろこし由来ではなく、さつまいも(国産)由来のものを使っています。

原材料の米や米麹ももちろん国産。

ちなみに、生活クラブでは「三河本みりん」も取り扱っています。

900mlで1,408円(税込)となかなかのお値段なので、普段使いにはみりん風醸造調味料、特別な肉や魚などの食材を調理するときにはこちらのみりんを使うなど使い分けをしていたのですが、料理をしていく中でみりん風醸造調味料でも十分に美味しくてどんな料理でも味が決まるので、みりん風醸造調味料を日常的に使うようになりました。

市販のみりん風調味料とは安全性や美味しさの点で、全くの別物ですし、本みりんよりは安い!

かなりコスパが良いと思います。

生活クラブのおすすめ調味料4|トマトケチャップ

【生産者】コーミ株式会社
【価格】370g・・・390円(税込)

 

国産トマトを100%使用。

原材料は、トマト、砂糖、醸造酢、塩、国産たまねぎ、香辛料のみでとってもシンプル。

1本のビンにトマト1キロ分を使っていて、水も一切加えていないので完熟トマトの美味しさをそのまま感じることができます。

生活クラブをやっているママ友達と話すと、みんな声を揃えて「子どもがトマトケチャップ大好き」と言います。

息子も生活クラブのトマトケチャップが大好きで、オムライスやオムレツなど、ケチャップをかけると喜んで食べてくれますよ。

生活クラブのおすすめ調味料5|マヨネーズ

【生産者】コーミ株式会社、オリエンタル酵母工業株式会社
【価格】200g(チューブ)・・・298円(税込)、310g(ビン)・・・427円(税込)

 

生活クラブが提携している生産者の卵の黄身、リンゴ酢、米酢、なたね油を使って作っています。

ほとんどの市販のマヨネーズは、「グルタミン酸ナトリウム」という味をよくする食品添加物が含まれていますが、生活クラブのマヨネーズはグルタミン酸ナトリウムを始め、食品添加物・化学調味料が一切入っていません。

それなのに美味しいというのが生活クラブのマヨネーズの凄いところです。

正直、わが家でマヨネーズを使うのはポテトサラダくらいなのですが、息子はポテトサラダが大好き。

一回の調理でもけっこうな量を使うので、やはり食品添加物は避けたいと思い、生活クラブのマヨネーズを使うことにしています。

添加物が入っていないので安心な上に、コクがあって美味しいですよ!

生活クラブのおすすめ調味料6|十割こうじ味噌

【生産者】株式会社マルモ青木味噌醤油醸造場
【価格】500g(カップ)351円(税込)、750g(袋)400円(税込)

 

味噌の原料は大豆・米・塩の3つ。それらすべてに国産品を使用しています。

殺菌のためのアルコールは使用していないアルコール無添加のものです。

生活クラブのパックだしと十割こうじ味噌で作る味噌汁はとっても美味しいです。

原材料も国産にこだわっていて、同じようなクオリティのものを生活クラブ以外で買うともっと割高になりそう。

わが家では、味噌汁はほぼ毎日飲むものなので安心できるものをこの価格で入手できるのは本当に助かっています。

まとめ

愛用している生活クラブの調味料について紹介してきました。

私は生活クラブの調味料を使い始めてから、「美味しい調味料を使えば、料理は美味しくなる!」ということを実感しました。

逆に、市販の化学調味料を使って旨味を作り出しているタイプの調味料は、味が不自然だと感じたり、味の濃さが気になるように。

化学調味料の味は癖になってしまうもの。離乳食や幼児食の時期には出来るだけ化学調味料を避けて、子どもたちには素材本来の美味しさを知ってほしいなとも思っている方にもおすすめですよ。

▼生活クラブの資料請求はこちら。人気の食材がプレゼントでもらえたり、お得なお試しセットが購入できます。
40万人が選ぶ安心食材の宅配生協・生活クラブ

二児の母の私が生活クラブを選ぶわけ|食育やエコを学ぶきっかけ作りにも◎
生活クラブを選ぶわけ 食育やエコ 食の安全 食品添加物 農薬 高い二児の母の私が生活クラブを選ぶわけ|食育やエコを学ぶきっかけ作りにも◎